お知らせ

それってなんでなの?どういうことなの?

ボトムズアップギターズ東京本店だけは、数年前から『完全予約制』で営業していますが、(と言っても、割り込みで来店があったり、知らずに飛び込みでの来店があったりもしますが)、それでも、大変ありがたいことなのですが、1年前のコロナウイルス蔓延が始まってからも、毎日毎週それなりに来店客様がいらっしゃいまして、その来店時のやり取りの中で、下記の、いわゆる『よくあるご質問』があります・・・

●デジマートに載ってないギターがたくさんありますね

●そのソファーの後ろのハードケース達は何が入っているのですか?

●秘蔵品(隠し在庫)ってことですか?

●売上機会を作らないで惜しくないんですか?

いやぁ、そうですよね・・・

普通は売上、売上、売上、、、ですよね会社って。 orz…

ところが、

どういうことか、

うちの店って、カスタマーファースト (←カッコ良く言うな!!) が、ずっと昔から染み着いてまして、

PRS専門店としてのプライドというのか、

珍しい形態のギターショップとしてのプライドというのか、

恐らく、思われている以上に、多方面からの多種多様な問い合わせが毎日毎晩ありまして、

そのメール対応や、各種ソーシャルメディアツールからのDM(ダイレクトメッセージ)、個人的に届く、ショートメール、LINE、フェースブックメッセンジャーへの返信、ときには、調査、テストしてからの返信・・・

それらを追っかけて、追っかけて、返して、返して、😊。

そうこうしていますと、

自社の商材の撮影や編集や、BLOG掲載、デジマート登録などが全て一か月単位で先送りになるという現象と戦っているわけなのです。(切実)

もちろん、このポリシーに則ると、『委託販売』のお客様からの預かり品が優先されるわけで。

想像してみて頂くと、

楽器って、特に、私達ボトムズアップギターズのクオリティプライドからいけば、

入庫してすぐ撮影、販売、とはいかないものだと思うのです。

なぜなら、

⇒ 内容に応じて 『分解清掃』 して

⇒ 楽器個々に適切な 『セットアップ』 して

⇒ 実際に 『弾いて』 印象を高めて

⇒ 磨き上げた状態を 『撮影』 して

⇒ 楽器個々の適切な 『説明文』 を起こして

⇒ それらと並行して 『写真編集』 や 『市場調査』 があって、

ようやく公開できるわけです。

これを1本 1本 精密にやろうとするので、超非効率だと思いますけれど、

だからこその、B.U.G.への信頼関係、、、つまり常連様の数であったり、

通販返品率ゼロ%だったりすると思うのですが、

無駄なこだわりでしょうか・・・  やっぱり売り上げの速度を上げないと廃れますかね・・・

悩むこともありますよ、18年目の今でも。

どうしたら全方位的にみんなをハッピーに出来るのかな、と。

それは顧客も従業員も家族も、です。

特に、今これを書いている筆者(代表の重浦と申します)は、株式会社の代表取締役ですので、何かと忙しなく社長業のほうにも邪魔(?)されつつ、「本当は楽器店の店員になりたいのに」← と理想を想いながらも、従業員を養っていく会社経営と、多様なオーダーメード品の企画開発をしつつ、アーティストさんや事務所さんのお世話をしつつ、(いやもうこれぞ天職だなと思っています😊)かつ、東京本店は送迎サービスや、納品時の配達員として車を出せるのが私一人しかいないので、マルチタスクが24時間365日ありまして、けっして毎日毎夕店にいられるわけではないので、目が届かなくなることも頻発してしまい、完璧主義者のメンタルが崩壊しそうになることもあります。(苦笑)

ですが、チームワーク、チームプレイというのは常にそれと対峙し、昨日よりも明日を良くしていく為の、諦めてはならない戦いだと思うのです。

今現在はこの実力かもしれません。

ですが、

半年後は、一年後は、もっと良くなる。

その時に再訪(再利用)頂いたお客様には、バージョンアップを感じて頂けるボトムズアップギターズ両店舗にします。

クオリティの維持向上と、

私の願うホスピタリティの実現、

と、、、 たぶん、もっと回転率のアップした売上創出への取り組み。

これからも工夫して工夫して、チームメイトの意識改革に挑戦して挑戦して、

ますます気に入ってもらえるスペシャル集団=ボトムズアップギターズの知名度向上に努めます。

変わらない応援、忌憚の無い、𠮟咤激励。

これからもお寄せください。

励みになります。

お読みくださいましてありがとうございました!!

ふと感じたことを綴ってみました。

ボトムズアップギターズ 重浦でした!!

また、お会いしましょう。

-お知らせ

PAGE TOP

© 2021 Bottom's Up Guitars